沖縄にはダイビングにピッタリのスポットがたくさんあります

SITEMAP

ダイバー

静寂のなかの自分の息の音の世界

海の世界を、全身を使って体感できる沖縄のダイビング。ちょっぴり機材は重いけれど、水の中に入ってしまえば、そんな重さのことなんて忘れてしまうくらいの世界に吸い込まれていく。人間は日常生活では鼻から息を吸って肺呼吸するのに対し、沖縄のダイビングは口から空気を吸って、自分でコントロールしながら呼吸をする。
水の中では自分の息の音がよく聞こえる。神秘的な世界に、期待と不安がいっぱいのなか出発する。昔話にある浦島太郎のように魚たちの世界にいくことが出来る方法の一つであるとともに、非日常な世界に時間を忘れてしまう。マクロ、ミクロの世界の魚から、イルカ、マンタ、クジラなどの大型のものまで陸上とはまた違う生態系の不思議に魅了されてしまう。沖縄のダイビング=料金が高い、というイメージもあるが、非日常を味わえる時間としてみるのであれば安いのではないだろうか。
首都圏から行くのであれば、日帰りでも行ける沖縄がお手頃。ダイビングスポットも点在し、海流の影響で、いろいろな魚に出会えるのが特徴である。本当に運が良ければ、北上or南下するクジラも見られることもあるそうだ。遠くの日本でおススメなのは小笠原である。東京都ではあるが、船の都合でなかなか行く決断がすぐにできるところではないが、冬はザトウクジラも見られ、夏はイルカやマッコウクジラ、大型のものから小さな魚までといろいろなものに出会えるのは日本ではここだけだと思う。